当園の昼食で出てくるお魚を卸してくださっている、魚屋『魚太(うおた)』さんが、子ども達の前で鰤の解体を行ってくださいました。

目の前で魚を捌くのを見るのが初めてな子ども達も多く、少しびっくりしている子達もいましたが、内臓や骨などを職員が見せにいくと・・・

これはなに?と質問したり、お魚のにおいを感じたりとさまざま興味を持っていました。

捌きたてのお魚を、昼食でいただいている子ども達。「おいしいね」と苦手な子も笑顔で食べていました。子ども達も少し“命をいただく”“感謝していただく”事を感じてくれたと思います。

魚太さん、ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。