晴れた日はどのクラスも、お散歩に出かけることが多く、小さなほしの周辺には、円行公園、円行下原公園、中丸公園、桐谷公園、少し足を延ばせば、青葉公園、渋谷が原公園(通称タコ公園)、湘南台公園…様々な公園があり、子どもたちの様子に合わせ、行先を決めています。 

今回は、4月から5月に出かけたお散歩を楽しむ姿をお届けしたいと思います!

 

ほし組(0歳児)は、4人乗りの散歩車に乗って園舎周りや、川沿い、湘南台駅周辺をぐるっとまわり、楽しんでいます。 

外が気持ちよくてウトウトしたり、寝てしまうこともありますが、円行公園近くのおうちにある風車に夢中で見たり、  往来するバスなどを見つけ嬉しそうです♪

 

にじ組(1歳児)は、立乗りの散歩車に乗って出かけています。子どもの様子に合わせ、担任と手をつないで、一緒に歩くこともあります。

駅周辺へ行くと、バスや電車が来ると嬉しくて声を上げたり、「ばいばーい!」と手を振ったり、公園では、手をつないで歩いたり、ハイハイしたり、たくさん歩き回ったり走ったり、楽しんでいます☆

 

ひかり組(2歳児)は、ダンゴムシやアリなど虫探しに夢中で楽しんでいます☆

見つけるのも、捕まえるのもとても上手になりました!

円行公園内には、竹林があるのですが、地面から出てきている筍の話をすると、「あ!筍見つけた!」「おおきいねぇ」「ほらみて!皮見つけた!」と興味津々です! 

 

つき組(3歳児)は、  円行公園のグラウンドの囲いの固い杭の上を歩き、落ちないようにバランスをとったり、鉢合わせた時にはじゃんけんをしたり、お友達と楽しんでいます☆

 

公園内の複合遊具にも何度も挑戦しているつき組の子どもたちです!

 

うみ組(4歳児)は、円行公園の柵越しに竹林内を見て筍を探したり、木の皮がめくれていたり、虫を見つけたり…見つけたことを友達と一緒に楽しんでいます。

 

時には、図鑑をもって調べる姿も…発見を楽しんでいますね!

 

そら組(5歳児)は、円行公園だけでなく、少し足をのばして様々な公園に出かけています。 

 

様々な草花を見つけたり、お友達と遊具で遊んだり、遊び方をよく知ってたくさん楽しんでいます。 

 

また、そら組保育室の外側の壁には、公園で見つけた草花の写真と草花の名前が貼ってあります。 

 

よく見たことがあるけれど、名前が知らなかったものも多く、とても勉強になります! 

 

子どもとの発見はとても驚かされ、毎日の同じ風景がまた違ってみえてきます。時には、考えさせられることもあります。 一緒に調べたり考えるのが楽しいひとときです。 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。