朝晩と涼しくなり、秋を感じられるようになりました。

来年度の入園に向け、園見学の問い合わせをたくさんいただいています。本当にありがとうございます。

 

 ただいま、保育園小さなほしでは、新型コロナウイルス感染症対策で、園見学を中止させていただいています。パンフレット他、レジュメをご用意しておりますので、詳細は電話でお問い合わせください。

 園の様子を、少しでもこのブログでご紹介できればと思います。

0歳児(ほし組)・1歳児(にじ組)の2クラスの保育園の一日をご紹介します。

 朝、保護者の方のお仕事の出勤時間に合わせて、子ども達は登園してきます。9時ごろまでは、お部屋でお茶を飲んだり、ゆっくりと保育者・お友だちと一緒に遊んで過ごしたりしています。

 9時過ぎに、「朝の会・朝のおやつ」になります。「朝の会」では朝の歌や季節の歌を歌ったり、出席確認をします。

「朝のおやつ」には、牛乳やヨーグルトドリンクが出ます。離乳食の初期食・中期食・後期食のお子様は、麦茶を飲んでいます。

 その後は皆で遊びます。

 天気が良ければ園庭で遊んだり、近隣の公園にお散歩に出掛けたり、電車を見に行ったりしています。公園先で追いかけっこや葉っぱ等の自然物で遊んだりと、身体を動かし、季節を感じられるよう心掛けています。時折、異年齢児クラスと一緒に散歩に出かける事もあり、お兄さんお姉さんに優しくしてもらい、子ども達は喜んで遊んでいます。

 天気や子ども達の体調をみて、室内で遊ぶ事もあります。室内ではクレヨンや絵の具で製作をしたり、体操をしたり、大きな積み木で遊んだりと身体を動かして遊ぶこと、指先を使って遊ぶもの等と発達に合わせて保育者が設定しています。

 夏は、園庭で水遊びをしたり、寒天や色付きの氷で遊びました。

 遊んでいる時にも細目に水分補給をし、体調に留意しています。

また、6月~9月の暑い日はシャワーを浴び、汗を流して清潔を保てるよう心掛けました。

 遊びの後は、美味しい給食です。本園の食事・おやつは厨房で調理し、提供しています。各年齢に合わせて食材の大きさや盛り付け方を工夫しています。水分補給は、麦茶です。

0歳児は、さまざまな食材に触れ、手を使って口に運び、もぐもぐとよく噛んで食べられるよう、保育者が介助したり、声掛けをしたりしています。子ども達の発達の進みに合わせて、無理なく食具(スプーン)を使用して食事を摂れるようにしていきます。

 1歳児は、食具(スプーン)を使用し「これなぁに?」「おいしいね」と会話を楽しみながら、食事を摂っています。自分で食べる時もあれば、保育者に介助してもらいながら食べていることもあります。食材や味によっては苦手なものをありますが、無理なく個々に合わせて食事を進めています。

 お腹いっぱいになった後は、お昼寝です。お昼寝の時は、SIDS(乳幼児突然死症候群)防止の為、0歳児1歳児クラスは、5分おきに呼吸・顔色チェックをしています。そして現在は、新型コロナウィルス感染症防止の為、子ども達同士の顔が近くにならないよう、頭の向きを互い違いにしています。

 14時30分ごろに起床し、オムツを替えたり検温をしたあとは、午後のおやつです。

午後おやつも厨房で調理したものや、季節の果物が提供されます。水分補給は、おやつに合わせて牛乳や麦茶になっています。

その後は、帰りの会をし保護者のお迎えまで、クラスのお部屋でゆったりと過ごしています。

 子ども達の写真はごく一部の紹介でしたが、少しでも様子をお伝えする事が出来ていれば幸いです。

子ども達の笑顔があふれる毎日を目標に、保育を行っています。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。